読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

ハードディスクが故障した時にデータを救出する簡単な方法

スポンサーリンク

f:id:kogito1:20161230175802j:plain

パソコンのトラブルで多いのがハードディスクの故障ですね。

ハードディスクが故障したら、新しいのに交換すれば済みますが、問題なのはどうやって壊れたハードディスクからデータを取り出すかです。

PCの専門家、業者に頼めば、やってくれますが、費用がかかります。

で、パソコン音痴の私でも意外と簡単にできた方法をご紹介します。(Windowsの場合です)

 

ハードディスクが故障した場合、ウィンドウズが起動しません。

そこでリナックス系OSのライブCD(もしくはDVD)を使います。

ライブCDとは、ハードディスクドライブやSSDなどの内部ストレージにインストールすることなく、直接OSを起動させることができるCDのことです。

リナックスOSのどれでもいいですが、私は過去にKNOPPIX(クノーピクス)でやりました。

・・・ところが、現在、クノーピクスのホームページを見ると、開発が中止されたとのこと。

なので、Linux Mint(リナックスミント)でやる方法をご紹介します。

 

まず、Linux Mintのホームページに行き、そこからLinux Mintのイメージファイルをダウンロードします。

 

こちらがダウンロードサイトです。

ダウンロードサイトに行くと、CinnamonとMATEというバージョンがあり、それぞれ32bit、 64bitがあります。

どれでもいいですが、データ救出が目的ですので、軽いMATEの方がいいでしょう。32bit、 64bitは自分のパソコンのCPUに合わせて選んでください。

64bitを選ぶと、現時点(2016年12月)では

linuxmint-18.1-mate-64bit

というイメージファイルをダウンロード出来ます。

それをダウンロードします。(時間はかかります)

そのダウンロードしたファイルをご自分のライティングソフトを起動してDVDに書き込みます。注意すべき点は一つ。

書き込む時は「ISOイメージファイル」として書き込んでください。

それでライブDVDが完成です。

 

後は、このライブDVDからパソコンを起動させるだけです。

起動させる方法は、お使いのパソコンにより違います。DVDを入れて電源を入れるだけで起動する場合もありますし、BIOS画面から起動させる場合もあります。

起動すると、このようなLinux Mintの画面になります。

f:id:kogito1:20161230192731p:plain

 

このデスクトップの左上、Computerを開きます。

f:id:kogito1:20161230192824j:plain

するとその中の左サイドにwindowsという項目があります。

そこをクリックすると自分のパソコンのハードディスクドライブもしくはSSDのデータを見られますので、それをUSBメモリ等に移動させればOKです。

 

ウィンドウズが起動しなくなった時に、データを救出するのに役立ちます。

万が一の場合のために、事前にライブDVDを作っておくのも良いと思われます。