Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

稲田大臣の靖国参拝と慰安婦問題、どちらもスルーがベスト

スポンサーリンク

稲田朋美防衛大臣が靖国神社を参拝されたそうで。

いちいちニュースで取り上げることもないのにね。

例によって、日本のメディアはさっそく中韓にそのことをご進言したようで韓国が「深刻な憂慮」とか言ってるらしい。

まあ、スルーでいいでしょう。もうこの話題にも辟易してきた。

辟易といえば、慰安婦問題。

一年前、日韓合意して、「最終かつ不可逆的」な解決を文言に入れた。

日本側はちゃちゃっと10億円払って、義務を果たした。

こちらも後はスルーでよろし。

ポスト朴槿恵政権は、誰がなっても、またこの問題を蒸し返すだろうし、ソウルの日本大使館はどーせ撤去されないだろうが、日本としてはこの問題はガン無視するだけ。

米国の立ち合いの下、この日韓合意をしたわけだから、韓国もさすがに国際舞台で告げ口外交はできますまい。

後は韓国国内で、どれだけイアンフ、イアンフと叫ぼうが、関係ない。次期政権が慰安婦問題を蒸し返せば蒸し返すほど、韓国は自分の首を絞めることになる。

なぜなら日本はもう何もしないから批判の矛先は政権に向かうだけ。ついでに日本人にさらに嫌韓感情を呼び起こす。

 

ただ、日本が憂慮しなければならない点は、海外で、あのエセ少女像を増やさないようにすることと、海外在住の日本人の子供を守ること。

デタラメの慰安婦情報が海外で流布してしまっている。そのせいで、日本人の子供たちがイジメられている。

外務省と日本政府はそのことに全力を挙げるべき。

日本人はロビー活動が下手だが、そんなことを言ってる場合じゃないよ。