Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【衝撃】ドゥテルテ大統領自ら殺害を告白、弾劾は必至か?

スポンサーリンク

フィリピンのドゥテルテ大統領が、ダバオ市長時代に自ら犯罪容疑者を殺害したと発言した。


ドゥテルテ大統領はビジネス関係者を前に演説し、「ダバオでは私個人で(殺害)した。私ができるのになぜ君たち(警察官)にできない?と見せるためにだ」と発言。さらに、「大型バイクで市内を回り、トラブルがないかパトロールした。殺すために探し回った」とも述べた。
http://www.asahi.com/articles/ASJDH4H1JJDHUHBI00R.html

 暴言が受けて高い支持率を得ているドゥテルテ大統領だが、この発言はありえない。

というより、これ事実ならとんでもない話だ。

犯罪容疑者の段階で、しかも自己判断で人を殺すのは殺人となんら変わらない。

フィリピンは法治国家ではないか。

大統領自らが、人殺しをし、それを自慢しているのは常軌を逸している。

ドゥテルテ大統領が、警察官に麻薬犯罪者への射殺を許したことは、治安維持のため、フィリピン国民からは支持を得ている。

フィリピン国民が支持したのは少なくとも「警察官」による「麻薬犯罪者」と限定された「超法規的な対応」だからではないか。

ドゥテルテ氏が「殺した」と言ったのは大統領になる前の話。ダバオ市長時代のことだ。警察権も持たない人間が、犯罪容疑者の段階で殺し回ったのなら、たんなる殺人だ。

もちろん、この発言、どこまで本当かわからない。

しかし、これは暴言で済まされる話ではない。この後、発言を撤回するかもしれないが、弾劾される可能性もあるように思う。