Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

カジノ法案に反対するならパチンコを廃止するのが筋

スポンサーリンク

俗に言われているカジノ法案が衆院を通過した。通過したと言ってもこれは議員立法であり「整備推進法案」である。これからカジノを作るのにどういった法をつくるべきかという前段階の法案だ。立ち消えになるかもしれないし、問題点があると言うのなら、具体的な法案作りの際に盛り込めばよい。

ところが、野党とメディアはまるでこの法案が通ったら、日本が駄目になるなどというひどい誇張をしている。大袈裟すぎる。

 

彼らが声高に叫んでいるのは、「ギャンブル依存症」の恐怖だ。

しかし、周知の通り、現在のギャンブル依存症の最大の元凶はパチンコである。

日本全国、どこへ行ってもパチンコはある。本当に身軽なギャンブルだ。もしギャンブル依存症の恐怖をあおるなら、パチンコを廃止すべきだ。

そんなことは赤ん坊でもわかる。

しかし、それをメディアも野党も言わない。パチンコ利権が警察と在日コリアンだからだ。なのに上の記事のようにギャンブル依存症をクローズアップして法案潰しをしているのは噴飯ものである。

そもそもカジノが東京や大阪に出来たからと言ってギャンブル依存症などなるはずもない。

カジノは富裕層の娯楽だ。敷居も高いし、場所も東京か大阪の一ヵ所になるだろう。距離的にも経済的にも気軽に行けない娯楽施設となる。

中産階級や貧困層には無縁の場所だ。

そもそも日本はすでにカジノ大国だという話もある。

競馬、競輪、競艇、オートなどの公営ギャンブルと駅前にある毎日営業しているパチンコ。いまさら、お台場にカジノがひとつできたとしてどんな影響があるというのか。

もちろん、カジノを作れば景気がよくなる、などと呑気なことを言っている推進派もどうかと思う。

カジノはすでに時代遅れの産業。大失敗に終わる可能性もある。

個人的にはカジノは日本に一つぐらいあってもいいが、あまり期待感はない。