Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

千葉大レイプ犯の医者は医師免許をはく奪されるのか?

スポンサーリンク

ようやく実名が公表された。

警察は絶対に認めようとしないだろうけど、これも世論に押されてのことだと思う。

千葉大集団暴行事件で逮捕されていた学生3人の実名が公表された。今回はこの3人の学生以外に居酒屋にいた医師も逮捕されたことが判明。

なんと、指導するはずの医師もこの卑劣な犯行に加わっていたというから驚きだ。

30歳と言えば、研修医を終えたばかりのまだ新米の医師というところか。

この時期の医者というのは実践でまだまだ色んなことを学ばなければならない、ひよっこ。私の知っている緊急病院に勤めている28歳の外科医はほとんど休みなどなく、昼食も15分で済ませて、次から次へと来る患者に対応している。若いから持つんだなあ、と感心した。彼は経験をどんとん積み、10年後には優れた外科医になるだろうと思う。そういう意味では医者としては一番大事な時期だ。

集団乱暴に加わった医者は、もう医者にはなる資格はないと思うが、実際のところはどうか?

調べてみると医師免許取り消しの要件については公表されていない。

が、医療弁護士によると一応次のような基準あるそうだ。

●患者への性犯罪
●診療報酬不正取得
●全国で大きく報道された医療関連犯罪(麻酔の悪用、産婦人科薬の悪用など)

の場合は「機械的に医師免許取り消し」となるそうだ。

<出典:医者って医療ミスをしたらどうなるのでしょうか? - Yahoo!知恵袋

今回の場合は性犯罪だが、患者への犯罪ではない。となると医師免許取り消しではなく、「医師免許停止」で収まるかもしれない。

停止だから、更生したことが数年後に認めれれば医師として再生の道が開かれる。

このような卑劣な性犯罪をした医者の免許をはく奪できないのは、はっきり言って納得できない。