読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【福岡タクシー事故】本当にアクセルとブレーキの踏み間違えか?

スポンサーリンク

どうも腑に落ちない。

福岡市でタクシーが病院のロビーに突っ込み、3人が亡くなった事故だ。

事故を起こしたタクシーは50m手前から急加速し、そのまま病院のガラス張りのロビーに衝突した。

事故の原因はまだ明らかにされていないようだが、運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えたことによるものではないかと言われている。

運転手は64歳のベテラン。タクシー運転歴は35年にもなるそうだ。

若くはないが高齢者とも言えない。第一、50mもの距離をずっと踏み間違えるだろうか?

しかも、運転手は減速をしようと必死でギアチェンジをしエンジンブレーキをかけようとしていた。

冷静な判断をしている。

そんな運転手がアクセルとブレーキを踏み間違えるとはちょっと思えない。

タクシーは映像から見ると、トヨタのプリウスのようだ。

私は車については疎いので間違いかもしれないが、プリウスといえば自動制御運転。コンピューター、電気系統に何か問題があった可能性もあるのではないか。

実は私も最近、軽自動車を買ったのだが、軽でも自動アシストブレーキは標準で付いている。

安全性が高まった反面、もしこの自動ブレーキが誤作動したらとふと思ってしまう。

自動制御運転や自動ブレーキはもちろん安全のために開発された技術。最近、社会問題になっている高齢者ドライバーの事故防止の強力な武器になるはずのものだ。

そして自動車はさらに自動運転へと進化している。

なのに、不吉な予感のする事故に私には見える。