読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

百田尚樹と津田大介、どっちが正しい?【千葉大集団乱暴事件でのツイッターバトル】

スポンサーリンク

千葉大医学集団レイプ事件、百田尚樹と津田大介のバトル、どっちが正しいか?

http://www.sankei.com/affairs/news/161127/afr1611270003-n2.html

 百田氏は24日未明にツイッターに投稿した。

 内容は「千葉大医学部の学生の『集団レイプ事件』の犯人たちの名前を、県警が公表せず」と前置きし

「犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする。いずれにしても、凄腕の週刊誌記者たちなら、実名を暴くに違いないと思う」

とツイートした。

 これに対し、かみついたのがジャーナリストの津田大介氏(43)。

 津田氏は25日、

「この人この種の発言懲りずに何度も繰り返してるし、単にツイッターの利用規約違反なので、ツイッター社はしかるべき警告を発した上でそれでもやめないようなら、この人のアカウントを停止すればいいんじゃないかな」

とツイッターに投稿した。

 百田氏は25日、これに反論。

「千葉大の集団レイプの犯人が公表されない理由について、『犯人が在日外国人だからではないか』とつぶやいたら、多くの人から『ヘイトスピーチ』『差別主義者』と言われた。私は犯人が公表されない理由の一つを推論したにすぎない。しかも民族も特定していない。こんな言論さえヘイトスピーチなのか」

と投稿した。

 ネット上では議論が沸騰。「警察が名前を隠すとこういうことになる」とか「言論弾圧だ」と書き込みが相次いだ。

 また元検事の男性が「犯人が公表されない理由について述べたものではなく、犯人を何の根拠もなく在日外国人であると臆測した文章だ」とツイートし、百田氏のツイートがヘイトスピーチなのか否か議論が続いている。

 

今回の百田尚樹氏と津田大介氏のバトルこそヘイトスピーチと「言論の自由」の境目のような話である。

そもそもヘイトスピーチとは

『 人種、国籍、宗教、性的指向、性別、障害などに基づいて個人または集団を攻撃、脅迫、侮辱し、さらには他人をそのように扇動する言論等を指す』

とある。

そこで、百田氏の問題の発言を見てみると、レイプ犯を「在日外国人」ではないか、と言っている点だ。

この「在日外国人」という言葉、文字通りに見ると、特定の人種や国籍を言ってるわけではないので、ヘイトには当てはまらないという解釈ができる。

実際、百田氏も津田氏の批判に同様の反論をしている。

ただ日本で在日と表現するときにはほぼ在日朝鮮人を示す。

そのことがわかっているから百田氏もわざわざ在日の後に「外国人」をつけたのだ。国を特定しないために。百田氏は慎重に発言したのかもしれない。だが百田氏の過去の発言をみれば、それがいわゆる在日コリアンを言っているのだろう、と推測されてしまう。この点は津田氏の言い分はその通りだろう。

 ところで上のヘイトの定義には国以外にも宗教や人種や性別なんかも含まれる。

例えば、日本で20年前に起きた地下鉄サリン事件。その後同様の事件が起きたとして、誰かがこれは「~カルトの仕業ではないか」と言ったら、それはヘイトになるのだろうか。

また特定の国による拉致が10回続いて、11回目が起きた時、その国の仕業だ、と発言したらヘイトになるのか。

ヘイトじゃないのなら、状況や世論によってゆだねられるのか。

ヘイトなら、そんなことも言えないのか。

百田尚樹氏の場合も文脈から見るとヘイトだ、という人もいるだろうし、そんなことも言えないのか、言論弾圧だという人もいるだろう。

結局、曖昧なところで、この問題はくすぶる感じがする。