Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

【慶應OBも激怒】広研への軽すぎる処分とその訳とは?

スポンサーリンク

大学側が学生4人を無期停学処分「気品損ねる行為」

神奈川県葉山町の合宿施設で、慶応大学の10代女性が同大広告学研究会(広研)に所属する男子学生数人から乱暴を受けたとされる問題で、関わったとされる4人の男子学生に対し、同大が無期停学などの処分を出していたことが4日、分かった。処分は3日付。
問題をめぐっては、未成年者に飲酒を強要していたなどとして、同大が10月4日に広研に解散命令を出しているが、学生個人への処分は初めて。

同大広報室によると、処分を受けたのは▽商学部2年の学生▽理工学部1年の学生2人▽環境情報学部2年の学生-の4人。商学部と理工学部の学生は無期停学、環境情報学部の学生は譴責(けんせき)とした。

無期停学の処分理由は9月2日、葉山町の広研が借用していた合宿所で、未成年飲酒やサークルでの性行為、その行為の撮影など「気品を損ねる行為をした」などとしている。今後「学生の本分に著しく反する事実」が確認された場合、処分の変更もあり得るという。環境情報学部の学生の処分理由については、広研の責任ある立場にも関わらず、監督責任を怠ったなどとしている。
出典:【慶応大集団乱暴疑惑】大学側が学生4人を無期停学処分 「気品損ねる行為」 - 産経ニュース


この処分、「軽すぎー」というネット上の声があがってるね。
まあ、たぶん、そういう反応になる。
知り合いの慶應OBにこの話振ったら、怒ってたなー。
「慶應ブランドを傷つけた!あいつらは放校だろ。許せない」
・・・だとさ。
放校とは強制退学のことらしい。
そのOBから慶應の内情を聞かされた。

まず、今回強制退学にならなかったのには2つ理由があるとのこと。
1つ目はこの事件に、まだ刑事処分が下されていないこと。
被害女性が刑事告訴をしたのだから、重大な事案つまりレイプ犯罪が行われた可能性は高い。
が、それでも男子学生が逮捕されていないので、確定していない。
つまり今の段階だと大学側は「無期停学」で様子見しているのだろうということ。

2つ目はこの男子学生が内部出身者かもしれないこと。
慶應はご存じのように幼稚舎や中等部からエスカレーター式に上がってくる割合が多い。
その場合、親も慶應OBというパターンも少なくない。
当然そのような親は社会的地位も高いし、金もある。
彼らが多額の寄付をしているのは当たり前、らしい。
もし、男子学生の親が社会的な地位があり、大口寄付をしていたら、学校は簡単に放校処分にできないのかもしれないとのこと。

慶應は日本一OBからの寄付が多い学校だそうだ。
慶應の結束力は半端ない。三田会は一流企業には必ずあるし、全国の地域ごとにも三田会はあるという。
そして慶應OBになるとほとんど多かれ少なかれ、寄付をするのだそうだ。
愛校心がとにかく強い。

ただし、今回の事件、愛校心が強い分、怒っているOBも多いようだね。