Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

加計学園問題のどこか悪いのか教えてほしい

朝日新聞と民進党が、コラボして、またくだらないことで安倍政権の倒閣運動をしている。

森友でダメだったから今度は加計学園だそうだ。

昨日、朝日が公表した内部文書らしきもの。公文書ではなく、メモ書き程度のものだろう。

あれは偽文書という説もあるが、仮に本物だとしても何が問題か、さっぱりわからない。

今治市の学校で獣医学部が作られた。

四国には獣医学部がないから、地元からの強い要請でできたそうだ。

それを特区と指定して政府主導でやることにした。

公募してきたのは加計学園だけ。

この案件は内閣府が関与している。特区だからそうなんだろう。

もし首相がスピードを速めるように指示したとして、それのどこか間違っているのか。許認可で毎度もたつく文科省に迅速にしろと注文をつけたのが悪いのか?

それが犯罪?

むしろ、正しい判断ではないか。

ほんといい加減にしてほしい。

もう朝日はまともな新聞媒体ではなく、政治活動団体そのものになってしまった。

ひどい話だ。

 

本日の午前11時に菅官房長官のこの件で記者会見がありました。

菅官房長官は、

『本日も報道されていたが、出元も相変わらずわからない、信頼性も定かでないことには変わりはない。内閣府に確認したが、「官邸の最高レベルが言っている」とか、「総理のご意向」だとか、そういう事実はない。総理からもそんな指示は一切ない』

と言った上で、次のようにも述べた。


 国家戦略特区は、何年も手がつけられなかった規制の岩盤にドリルで風穴を開ける制度だ。この獣医学部の新設も、平成19年(2007年)の11月に(愛媛県)今治市などによって構造改革特区として提案されて以来、長年、実現できなかった、まさに岩盤規制ではなかったか。提案の当初から、加計学園が候補として記載されていた。

 総理の「特区ではスピード感をもって規制改革を進めるべきだ」との指示のもとで、地域の実態や事業者の声に耳を傾け、できるだけスピーディーに実現をすべく、内閣府が制度を所管する関係省庁と厳しい折衝を行って、議論を深めていくのは当然のことじゃないか。今まで、手ぬるいとか、生ぬるいとかの批判はいくらでもあったが、岩盤規制を打ち破っていくため、関係省庁と内閣府の間で議論を深めていくことは当然のことだ。

 

ほんとうのその通り。

このどこに問題があると言うのか。

どういうこじつけをすれば、これが安倍首相が辞任し、さらに国会議員まで辞めるような大スキャンダルになると言うのだ?

こんなデタラメな捏造と偏向で国民が騙されるとでも?

朝日新聞は、テレビ欄以外はすべて嘘だと思って読んだ方がいい。読者が減り続けて廃刊も遠くない将来あるだろう。

民進党は何もせずともすぐ消滅するだろうが。