読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Meltな気分で

コギトが書く、時事中心の雑多なブログです。暇つぶしにどうぞ。

産経「玉木氏が加計学園潰し」に本人がブログで反論したが…

民進党の玉木雄一郎氏が加計学園の獣医学部新設を阻止しようとしていた疑惑を産経新聞が報じました。

【加計学園問題】「しっかり止める」 獣医師連盟から献金の民進・玉木雄一郎幹事長代理、獣医師会総会で獣医学部新設阻止を“約束”- 産経ニュース

それに対して玉木氏は自身のブログで反論をしています。 

 産経新聞が、まるで、私が日本獣医師政治連盟から100万円もらって、加計学園の獣医学部設立を阻止するために質問したというふうに報じています。

すごいですね。。。

確かに、私の父と弟は獣医師です。また、民主党政権時代、党の獣医師問題議員連盟の事務局長を務め、獣医師の先生方の協力も得ながら、口蹄疫や鳥インフルエンザ対策、そして、東日本大震災時の被災ペットの救護活動の問題などに取り組みました。被災地の獣医さんには、大変お世話になりました。

そして、2012年末の衆議院選挙の際には、日本獣医師会政治連盟から100万円の献金をいただきましたが、関係法令に基づいて適切に処理されており、何の問題もありません。

日本獣医師政治連盟から献金を受けたのは、この年だけです。これは、5年前の話。安倍政権になってからは一度もありません。

私が、国家戦略特区での獣医学部新設を叩くために、献金をもらったとの指摘がありますが、そもそも、献金を受けた民主党政権時代(2012年)には、国家戦略特区制度がまだ存在していません。国家戦略特区法が施行されたのは、第2次安倍内閣成立から約1年後の2013年12月13日です。

また、2015年6月22日の日本獣医師会定期大会に参加した際の発言についても一部で取り上げられていますが、これも、完全な印象操作です。

http://ameblo.jp/tamakiyuichiro/entry-12277116913.html

 

まず指摘した点は、玉木氏の反論の中で、

『 そもそも、献金を受けた民主党政権時代(2012年)には、国家戦略特区制度がまだ存在していません。国家戦略特区法が施行されたのは、第2次安倍内閣成立から約1年後の2013年12月13日です』

という箇所。

献金を受けた2012年には特区がなかったから、そもそも関係ないという言い分ですが、特区はありました。

国家戦略特区の出来る前は「構造改革特区」がその役割を果たしていました。

この構造改革特区に、今治市は県とともに2007年から2014年の間に加計学園の獣医学部の新設をなんと15回も申請しています。

しかしすべて却下されました。

 

もちろん、それが玉木氏の妨害工作のせいだとは思いません。

しかし玉木氏が日本獣医師連盟から100万円の献金を貰ったことは事実。

日本獣医師会が学部新設を猛反対していることも事実。

その総会で玉木氏が

「おかしな方向に向かいそうになった際はしっかり止める」

と発言していたことも事実。

そして現に今治市の獣医学部新設の申請がずっと却下されていたことも事実。

 

玉木氏は香川2区が選挙区です。

今治とは目と鼻の先。親と兄弟が獣医師なので、10年前から今治市が加計学園の誘致をしていたことは百も承知でしょう。

地元の獣医師会では有名な話だろうと思います。

すなわち地元獣医師会はずっと加計学園の獣医学部新設を猛反対していたということです。

その意向を組んでいたのが玉木氏ではないでしょうか。

「総理のご意向」ならぬ「玉木氏のご意向」ですね。

 

 そうなると、玉木氏による「加計学園潰しの疑惑」というのが持ち上がっても仕方ないことではないでしょうか。

持ち上がっても仕方ない、というのは、つまり、野党やマスコミが「森友と昭恵夫人の疑惑」や「加計学園と安倍首相の疑惑」を取り上げるなら、こちらも取り上げなければならない話になってくるということです。

玉木氏がこれは言いがかりだ、印象操作だ、と言うのなら、昭恵夫人や安倍首相の方も同様です。

実際に献金をもらい、親族が関係していると見做される分、玉木氏の方が首相や夫人より、いっそう危うい感じがしますよね。

 

私が言いたいのは、同じことをしているのに他人と自分では別基準。ダブルスタンダード。自分は合法で問題ないが首相はダメだと責める。そのあまりに自分勝手な解釈が、おかしい、と言っているのです。

玉木議員に加計学園と安倍首相の疑惑を追及する資格などあるわけないのです。